#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

19/02/09 小店店主の懐に最強寒波をもたらす『飛行官能』!?

■世の中3連休と浮かれたくなるところに冷や水を浴びせるが如き天気予報。最強寒波到来で、都心でも明日の昼をピークに厳しい寒さと積雪の予報が出ております。
所用もあり、店には出る心づもりではありますが、開店や閉店の時間を変更する可能性もありますので、2月9日(土)ご来店をお考えの方がいらっしゃいましたら、Facebookの古書日月堂のページをご確認いただくか、同じページからメッセージでお問合せ下さい。
ご面倒をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
とうとう『飛行官能』が入荷しました。恩地孝四郎作、昭和9(1934)年・版画荘刊。函に多少の傷が認められますが、本体は表紙から本文全頁通じてほぼ無傷。本の背に難があるものが多い同書にあって、とくに、欠けもなければ傷もなく、小さなシミのひとつとしてない背の状態は感動的ですらあります。
1928年、初めて飛行機に乗った恩地が、その時の感動から着想を得たとされる『飛行官能』は、恩地の詩と木版画に北原鉄雄他による写真を組み合わせ、飛行機の離陸から着陸までを描きだした作品です。当時の写真表現のなかで、とくに注目されていたグラフ・モンタージュの手法がとられたものと云われます。
もともと恩地孝四郎という人は、海外での評価が高い作家ですが、この本が一時急騰した背景には、とくに海外で、写真集に位置づけられたこともその一因だったようです。
稀覯書と云ったところで複製品である限り、いくら どこにもない、市場にも出てこない、と思っていても、いずれどこかで必ず出てくるものです。 

この本も、かつては本当に目にする機会からしてごく稀で、出てくれば結構ムキになって入札するも買えたためしがなく、がしかしあきらめずに入札し続けているうちに、なんだ、そうは云ってもそれなりに出てくるものじゃないかと分かった途端に熱が冷めるという段階を経て、ほとんど憑き物も落ちきったところでの落札となりました。数か月前、落札できなかった時とほとんど同じ価格での入札で、5枚札のちょぅど真ん中での落札だったのはラッキーでした。
実は今週、1962年に来日した際のジョン・ケージ関係の紙モノや写真など6点一式というのも落札したのですが(こちらは次回ご紹介の予定)、頭の中の沸騰ぶりはこちらの方が格段に上。
ケージのような1点ものと、稀覯書と云っても複数存在するものとでは、気持ちの入りようがいまやここまで違ってきたのかと、これには少々自分でも驚きました。今年の「銀座 古書の市」で1点ものが悉く売れ残ったことを考えると、ますますこの先が思いやられるというものです。
尚、同書には、「頒布版で生じていた離陸から飛行への過程の矛盾など」を解消するため、恩地自身が一部ページを入れ替えた異本の存在が明らかになっていますが(『恩地孝四郎展』2016年 東京国立近代美術館)、当品は矛盾解消前の頒布版です。
 
■スパイラル綴じ、表紙のデザインもどこかこざっぱりした『図案資料 ポスター集』について、続きは後程改めて。珍しさ、という1点で比較すれば、こちらの方が『飛行官能』の上を行っているかも知れません。
2月9日 追記)  『図案資料 ポスター集』は昭和12(1937)年に逓信博物館が編集・発行したもの。「逓信事業が文化的使命の重要な地歩を愈昴めて」いるなか、利用促進を目的に作成した逓信省のポスターから5事業38点の図版を所収。国内の民間企業と海外の優秀ポスターとを併せ、全124点の実例を紹介しています。
ポスターには「絵画的形式・構成的形式の二形式」があるとし、とくに「構成的」作例には、国際観光局日本紹介英文ポスターや日本郵船の旅客勧誘ポスターなど、いまやミュージアム・ピースとなっている作例が多数含まれています。
逓信省のポスターでは、郵便貯金事業がデザイン化著しいのに対し、簡易保険では説明的だったりと、事業別にまとめられていることで、それぞれの戦略の違いが透けて見えてくるのも面白いところでしょうか。
 
さてさて。2月9日(土)午後5時をまわり雪は降ったり止んだりを繰り返しています。古いマンションのベランダ側に座っていると、隙間風の冷たさが時間とともに増してきたのを感じます。本日そろそろ店から撤退、来週またお目にかかります。
寒さと足元にはくれぐれもご用心下さい。

 

19/02/02 柄澤斎描くエリック・サティ / 龍村平蔵複製 名物裂

■軽い風邪だと高を括っていたのが、なかなか抜けきらないのは加齢のせいに違いあるまいと思っていたところ、ややや。まさかの。花粉症か? と云う可能性が浮上。近日中に耳鼻咽喉科通いも始まりそうです。時すでに2月に入り、春は確実に近づいてきています。こんなことで春近しを感じるようになろうとは…。

今週の明治古典会には、個人コレクターの旧蔵品と見られる大量の版画が出品されました。ビアズリー、ロセッテイなどイギリス19世紀末の作家から、1980~1990年代の建石修志、柄澤齊などまで、額物もあれば挿絵本もありと、自らの好みの範疇にあるものならとりあえず買っておいたとでもいうのか、出品されたもののなかには「A氏」と旧蔵者の名前の残されたギャラリーの領収証がついたままのものも一つや二つではなく、粒ぞろいでありながら、ある種 “無造作な”という印象もぬぐえないコレクションでした。
どのようなコレクションであれ、市場に初めて出てきたと分かると、1点くらい買っておかないと損をしたような気分になるのは実に不思議な市場での心理のひとつで、当初つきあう気などさらさらなく、とりあえず何か面白いものでもあればと見始めていたはずが、いつしか半ば本気で1点は買っても良いのではないかという気持ちになり始め、そうしたタイミングで出くわしたのが今週の1点目、エリック・サティの肖像画でした。
作家は木口木版画で夙に知られる柄澤齊。版画に手彩色かと見れば、鉛筆画に水彩で色染めした薄い和紙を貼り合わせたコラージュ作品。鉛筆による描線は木口木版同様に細密かつ繊細ですが、木口に比べるとずっと柔らかくやさしい印象を与えます。画面右下方に「ERIK SATIE 1990 Hitosh Karasawa」と記された1点もので、版画ではなく1点ものだというのも気に入りました。 

松屋銀座の「古書の市」では、“名の知られていないものは売れない”というのを痛感。柄澤齊+エリック・サティと云う二重に武装したこの1額、これなら売れると見た私の読みは当たるか! はずれちゃうのか!? 結果は来年の松屋の会場でご確認下さい。あ。現品は金一色のシンプルな額入りです。

■できれは少しは関連のあるものをアップしたかったのですが、何の脈絡もない2点目は、「龍村平蔵製」の銘と落款が入ったタトウに1点1点包まれた名物裂。昭和35年前後、と云うことは初代の龍村平蔵の時代にあたるのですが、その初代平蔵が生涯熱心に取り組んだ古裂・名物裂の研究と復元の成果として複製し、限られた人に頒布していたものと見られるシリーズの内、19点が入荷しました。いずれも和の意匠でありながら、ユニヴァーサルなセンスをもつ意匠のオンパレードです。
茶道にしても工芸にしても骨董にしても、半可通がヘタになことを云うではないとそこだけは自覚的である(はずの)ハンパ者としては - 何しろ奥が深すぎて、いまさら勉強したところで人生終わるまでに追いつけるようなものではありませんがな - ただ、相当に洒落たものであるということ、贅沢なものであること、そして、洋の東西を分けたり、大陸や半島を蔑視することが、いかにアホらしいことか教えてくれるものだということだけは、お伝えしておきたいと思います。遥か彼方に隔たった時間と空間、そして価値観といったものがつながり溶け合っている  -一枚一枚の裂の上に、そうした文化のありようが立ち上がって見えてくるはずです。 

 

19/01/25 1920年代パリのモードを伝える女性誌と専門誌と

■松屋銀座で開催された「第35回 銀座 古書の市」も21日に無事打ち上げることができました。会期中はご常連のみなさまから初めての方まで、たくさんの方々にお目にかかることができ、改めて “外に出ていく意味” を噛みしめた6日間でした。前回1回パスしたため、2年ぶりにお目にかかる方たちも多く、がしかし、ゆっくりご挨拶もできないままとなってしまったことを申し訳なく思っております。どうかご海容を賜りますようお詫びかたがたお願い申し上げます。
外売りは年に一度、銀座だけ。残り11ケ月はまた店に戻っての商いとなります。
「古書の市」同様のご愛顧を賜りますように、何卒よろしくお願い申し上げます。

店は本日1月26日(土)より、通常営業 - 火曜・木曜・土曜日の各日12時~20時 - に戻ります。とお知らせし、つい昨日まではそのつもりでいたのですが。そう思っていたのにも関わらず。25日夕方から風邪の諸症状に見舞われておりまして、即売会から戻ってきた商品を片付け、店内を復旧するのに思っていたより時間がかかりそうなこともあって、店の営業再開は1月29日(火)からとさせていただきます。どうか悪しからず、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
 

■というわけで、通常営業への復帰は、店より当ページの更新が先になりましたが、体調不安を抱えてのこと、駆け足でご紹介できるものを選びました。
画像1点目は1923年~1927年に発行されたフランスの女性誌『Femina』。ご覧の通りアンドレ・マルティ、ルパプなど、旧蔵者は表紙のイラストで集めていたのではないかと思うラインナップです。
この時代のフランスの女性誌と云えば『VOGUE』『Harper's Bazaar』が真っ先に思い起こされるかと思いますが、これら2誌のラグジュアリーには及びませんが、内容を仔細にたどればブジュロン、ルイ・ヴィトン、パキャン、コダック、プジョー、ルノー、ボン・マルシェの広告あり、サカロフ夫人の写真ありと、広告主の顔ぶれと教養主義的内容は、先述の2誌とそう遜色ないようにも思われます。
1920年代の『VOGUE』『Harper's Bazaar』がいつのまにかマーケットから消えていったように、戦前の『Femina』もまた、いまがぎりぎりではないかと思う、久方ぶりの入荷となりました。

画像2点目は女性ファッションという一点に焦点を合わせた出版物。雑誌というよりカタログとか見本帖といった意味合いの強い出版物です。
パリのモードの洋服をクローズアップして紹介した『Les Elegances Parisiennes』はアシェット社の発行。
これまで絶対にあったはずなのに出会えずにきた女性の帽子の専門誌『Les Chapeaux de la Femme Chic』
いずれも1923年の発行で、雑誌=挿画入りテキストの他に未綴じ、手彩色のファッションプレートが入るスタイルも共通。
『Femina』もそうですが、同年代のファッション誌がすでにオフセット印刷だったのに対し、色味を含めた忠実な再現を必要とする専門誌ではまだまだ手彩色=手仕事に頼っていたことが分かります。
今週の2点の画像、女性総合誌とファッション専門誌との対照を見せると同時に、結果として、印刷手法並走の時代ならではの対照をも見せてくれるものとなりました。 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...