#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/05/19 アナトール・フランス研究の第一人者旧蔵品より-ミュシャの挿絵本 モンベルの絵本など

■たかだか週3日の営業日、これさえも開けられなかったり不定期となると、それは果たして店と云えるんだろーか!? と自問しつつ、来週も火曜日は市場の関係でオープン時間が遅れます。5月22日(火)のご来店をお考えの場合は、15時以降、できるだけ遅めの時間でお願いいたします。24日(木)、26日(土)は12時より20時まで、いつものように営業いたします。
度々ご不便をおかけいたしまして恐縮に存じますが、引き続きよろしくお願いいたします。日月堂はまだ辛うじて店をやっておりますのですはい。

今週火曜日の東京洋書会大市では、実に久しぶりに「本」のヤマ=本口(7本)を落札しました。店内には整理しきれていなかったり出品準備が追いついていない本雑誌紙モノが充満しているというのに約100冊! しかも「本」!? 何故だ…? 
何故だってもまだ古本屋ですから買う時には買うわけで、しかし余程の理由がないと本はもう買っておりません。が、あえて今回「本」を買った理由が今週の新着品であります。
他にも1冊或いは数冊で市場に出品すれば相応の、と云うか相当の、金額で落札されたはずの本がその7本の本口には混じっていて、いまのところ分かっているだけで15冊前後はあろうかと。つまり、筋の良いコレクションだったわけです。19世紀末~20世紀はじめ、フランスで活躍した詩人、小説家、批評家アナトール・フランス研究の日本における第一人者の旧蔵品との由。実際、数冊を除き他全てがA・フランスの著書か研究書。
入札する段階で、この本口に混じっていると分かっていたのが、昨年、「スラヴ叙事詩」の展覧会で日本での知名度と人気をさらに高めることになったアルフォンス・ミュシャの手彩色画入りの『クリオ(CLIO)』でした。アール・ヌーヴォー様式、女性図、金彩の華やかな扉は実にミュシャらしい意匠。1900年の発行です。 
2冊とも1900年の発行で、手彩色画13図を所収。手仕事なのでどうしても色調に僅かな違いが生じてしまいますが、2冊では図版の絵柄も基本的な色使いも同一。テキストはもちろん全く同じ。なので、製本が気に入ったか何かで同じ本を2冊もっていたのだろうと思っていたのですが、落札して2冊を比べてみると本の厚みと紙質が違う。すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、これがフランスの挿絵本ではよくあるヴァージョン違いと云うやつで。

画像向かって右、茶色の革背に金箔押しで花の意匠をあしらった方がいわゆる普及版。この普及版のタイトル対抗ページの記載によって、用紙に「JAPON」を使った限定100部本と用紙に「Chine」を採用しスイートを添付した限定50部版が存在することが分かりました。
画像向かって左側、濃紺の背にタイトルと著者名をシックに箔押しした本が、限定100部の「JAPON」(と云っても和紙様のものではなく、局紙と呼ばれるもの)ヴァージョンで当書は36番。
備忘を兼ねて書いておくと、左側の本の見返し裏に製本(バインディング)を手掛けた人の名前がV.シャンと記されているので念のために調べてみるとありました。愛書家のための下記のサイトに。
http://le-bibliomane.blogspot.jp/2011/12/victor-champs-1844-1912-petite-histoire.html
一見、右の方が高そうに見えますが、左の方がずっと価値高し。
といったところでとりあえず数百は存在する(はず)の本のこと、ミシャのオリジナルのポスターなどと比べても格段にお安いと思われるお値段でミュージアム・ピースを手に入れられるのが、実は古書の世界でありまして、ご興味ある方は是非店頭で !

■↑に何げなく書いた「スイート」ですが、ここでいうそれは全然甘いものではなってですね、書籍に付属する挿絵とは別途、版画・挿絵部分をもう一部つけたものの呼称で、彩色を施したものの場合もあれば、描線だけの=彩色以前の状態の場合もあるようです。
こちらももちろんアナトール・フランスの著書で、1900年に発行された『バルタザール』の挿絵入り限定50部本の内25番。挿絵については「aquarelles original」=水彩画用オリジナルと記載していますが、描線の部分には何かしらの版画或いは凸版印刷が用いられているものと見られます。
紙は『クリオ』と同じ日本の局紙を使用して、黒の描線のみのスイート1組を書籍本体の後ろに綴じ込んでいます。尚、この本には別に300部の普及版が刊行されています。
挿画を担当しているのはHenri Caruchet、アンリ・カルシェなる人物。
いま猛烈に後悔しているのが自分で作り込んだこの画像。全てのページのテキストを飾るビグネットの多彩さと素晴らしさがこれでは全く伝わらないなと。アール・ヌーヴォー、ジャポニスム、シノワズリーと、流行の要素を取り入れながら品よく、扉などではビグネットとのバランスも絶妙な瀟洒なイラストを披露しています。ううむ。何故私はよりによってこんなつまらないページをとってしまったのか…。
カルシェは19世紀末にボザールでギュスターヴ・モローなどに師事、テオフィル・ゴーチエ、ピエール・ルイスの挿絵本なども手掛けました。詳しくは下記のページで。
https://fr.m.wikipedia.org/wiki/Henri_Caruchet
おそらく2度の入荷はないだろうと思われるこの本。ご興味がありましたら是非店頭で。 

アナトール・フランスの7本口には、モンベルが挿画を担当した絵本も3冊入っていました。うち1点が画像3点目の右側『わらの子どもたち(NOS ENFANT)』。1887年、アシェット社から発行された初版本で、カラー図版はリトグラフ
画像左側は洋書会ではなく、その前の明治古典会で落札。マルセル・エーメとナタリー・パランのコンビによって1946年に発行された絵本『問題(LE PROBLEME)』。時代も下ってこちらはオフセット印刷。
この2冊、たまたまこの時期に入荷が重なりましたが、ともに現在、東京都立庭園美術館で開催されている「鹿島茂コレクション フランス絵本の世界」展に出品されているのと同じ本であるというのが共通点。会場が狭く並びきれなかったものが相当あったようですが、それでも見どころがいっぱい。私はいまラビエのパテー・シネが本気で欲しい。というものがあなたにも必ず見つかるはず。あ。それがモンベルだったりラパンだったりする方はニチゲツドウまでどうぞ !

■政府は18日、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存在しない」との答弁書を閣議決定したそうです。学級会 ?
 

18/05/12 少部数の誘惑 …… 勝本みつるさんのアーティストブックとロールスロイス ファントム2のカタログ

■好天に恵まれたGW、どのように過ごされましたでしょうか。さて、フルにお休みをいただきました日月堂ですが営業を再開いたしております。
で、そんな再開早々にナニですが、来週5月15日(火)は東京洋書会大市のため、営業開始時間が夕方からとなります本日12日(土)、来週17日(木)、19日(土)は旧に復して12時より20時で営業いたします
連休前より店内多少は片付いた感じにはなっております。ご来店をお待ちいたしております。

小店店内棚の側面に、お守りのようにして飾っているハタキ。ハタキといっても白い鳥の羽を使った瀟洒なオブジェでありまして、売り物ではと期待した方に「これは?」と聞かれること再三再四。みなさんお目が高い !
実はこれ、小店が現在地に移転オープンした時に、ポストカード作家の方がお祝いにと下さった勝本みつるさんの作品であります。嬉しかったことといったらそれはもう!!! こうした次第で勝本さんのハタキは非売品。
今週は、その勝本さんの作品が入荷いたしました。こちらは販売いたします。
『WEATHER REPORT Theater Piece for Eve』。和文タイトルを『シアター・ピース イヴのためのシチュエーション・オペラ ウェザー・リポート』とし、1995年、ギャラリー・イヴから発行されたアーティスト・ブックで、限定20部のうちの1点
32×21cmの箱に薄布の白い手袋、鳥の羽、ガラス管、鳥の羽と小さな模造ダイヤを封印したガラスの試験官、そして、二つ折りセンターページに紐をかけメニューのようなスタイルでまとめられた本1冊が収められています。また、本の各章扉には、水滴を思わせる丸いブルーのシミをあしらったブレパラート状の樹脂が貼り込まれています。これらの造本・図版が勝本さんの手になるもので、繊細な仕事、上品な仕上がりが見事です。芝居のシノプシスを思わせる端正なテキストは北橋朋也によります。 

小店従来の品筋とは少々離れているように思われますが、18世紀の銅版画やマルティのイラストあたり、案外相性も良いのではないかと見ています。

■何だ何だ ! この活字と組版がきれいなのは !!! と、むしろそちらに気をとられたのが、表紙にエンボス金文字で『ROLLS-ROYCE』とだけあしらわれた「ロールスロイス・ファントムⅡ」のカタログ。ファントムⅡの製造が1929年から1935年だったことから考えて、1930年代の早い時期に発行されたものと推察されます。
パラパラとめくっていてシャシの写真に目を見張ったり、車種毎に記載されている価格(2,700~2,900ポンド)に吃驚したり、あれこれ計算をした鉛筆書き込みがあることから購入を検討していた人がいたというのに驚いたり、もちろん自動車のフォルムの美しさにうっとりしたり、先のタイポグラフィ等とも併せて実に見どころの多いカタログです。
wikiによるとファントムⅡの総生産台数は1,675台。とすると、カタログの印刷部数もせいぜい数千。今日まで残っているものの数は? … と考えるとおそらくレア(少なくとも小店は初見)。
他に1905年から1907に製造されたという「ロールスロイス 20 H.P.」のカタログも入荷。価格を比べてみると、ファントムⅡとの開きは約1,000ポンド(20H.P.の方が安い)。最高級車ロールスロイスの最上級サルーン、ファントムとでは、正直、カタログの出来にも開きがある、というのは店頭でご覧いただければ幸いです。 
それにしても本当にレアなものにしか気持ちが動かなくなってきた小店店主。仕入れはどこまで続けられることやら… (と、来週もまた困難が続く。たぶん)。

 

18/04/28 津田青楓パリ留学前のアール・ヌーヴォー『ナツ艸』/ 世界の河原温への第一歩『課題をもつた美術展“ニッポン”』目録

■電車の車内には今週水曜日頃からもう、心なしかゴールデンウィークを思わせるゆるめの空気が漂っていましたが、本日より大手を振っての本番であります。
本日4月28日(土)12時より20時まで通常営業して後、4月29日(日)より5月7日(月)まで、お休みをいただきます。営業再開は5月8日(火)となります。
また、4月28日(土)には目黒のアンティークショップ、ジェオグラフィカさんで「アンティーク・マーケット」がスタートします。5月6日(日)まで。会期中の4月30日(月)の午後は、日月堂も目黒で店番を務める心づもり。詳細については下記のアドレスでご確認の上、GWは目黒通り散策に是非お出かけ下さい !
ジェオグラフィカへのアクセスはこちら。
http://geographica.jp/access/
アンティーク・マーケットについてはこちら。
https://ec.geographica.jp/news/IF000184
尚、心置きなくGWを過ごすために何とか仕事に区切りがつけられないかと一昨日の閉店直後より2件分の商品仕分けに着手 …… してしまった結果、「店」とは名ばかり、店内くまなく作業場と化した惨状を呈しております。ただいま現在に至るも収拾の目途たたず(-_-;)
今日は日月堂でも覗いてみようかなんて考えて下さる有難いお客様には、予めお含みおき下さいますようよろしくお願い申し上げます。
ま、そもそも小店など脇に置いて。とにもかくにも
みなさまどうか佳き休日をお過ごし下さい ! 

明治期に盛んに出版された木版刷の図案集を、扱い商品の柱のひとつとするようになってから かれこれ十数年は経とうかと思いますが、この数年で市場での落札価格が漸次上昇、さらにこの1年の間に「急騰」と云うべき状況が生じており、特に神坂雪佳、古谷紅麟などの仕事も多く、海外にこちらの版元が出したものの蒐集家が多数存在するらしい「芸艸堂」の図案集は、もう小店には手が届かないものになってしまったなあと、半ば落札はあきらめるに至っていました。がしかし。負けてもいいから挫けず入札し続けていると、たっまぁ~~にこういうことが起こるので市場通いを続けることになるわけで。
『ナツ艸』の文字が図案と一体化したこの表紙、図案集としては珍しい正方形の判型のお陰もあってか、図案集における強者お二人が揃って見逃した結果、小店に転がり込んだということだったらしく、このあたりもまた市場の妙とでも云いましょうか。すみません。くだらぬ前置きが長くなりました。
山田芸艸堂より明治37(1904)年に発行された木版多色刷の図案集が入荷いたしました。『ナツ艸』著者は津田青楓全30図を所収。26cm弱と比較的大きな枡形の判型は、図案が団扇のためのものであることに起因しています。 

団扇のデザインに限定されていてあまり受けなかったのか、特殊な判型のため残りにくかったのか、『ナツ艸』は小店店主初見でした。珍しい。はずである。がしかし。落札できた途端に俄かに不安に襲われるのも市場で古本屋が味わう不思議な心理でありまして、偶か近くにいたこの手のものに強いご同業何人かに確認してみたところ彼らも揃って初見とのお話し。芸艸堂には青楓の木版刷図案集が複数あり、最近にはそれらの図案をまとめ直した『津田青楓の図案』という本も発行されているのだけれど、その目次にも『ナツ艸』の記載なし。やはり非常に珍しい本であろうと思います。
ご存知の通り、後に漱石の本の装丁なども手掛ける津田青楓は、1907年から1909年までパリに留学。彼の地でアール・ヌーヴォーの影響を受けたのは当然として、留学以前の仕事で、しかも20代半ばにしてこの完成度かと思うと - 表紙からして驚嘆の出来、師匠である浅井忠の薫陶も大きかったとは思いますが - 名を残す人の才能とはかくなるものかと唸ること請けあいです。

■こちらは一転して実に質素な印刷物です。わら半紙に孔版刷、美術展に関する記録ですが図版の1点もない16P。昭和28(1953)年6月に開催された、“ニッポン”展委員会・前衛美術会主催による『課題をもつた美術展 “ニッポン”-美術家のみた日本のすがた-』の出品目録
巻頭の宣言文(末尾に勅使河原宏と名前と事務局の記載あり)、前衛美術会の「今後のあり方について」と「会期中の催し」に続き、「陳列目録」5P(167点 作品名と作家名)、「出品者のこえ」4Pと云う構成。
「陳列目録」に細かい文字で作品のモチーフ、表現されている光景などがメモされているお陰で、タイトルと併せて見ると、全体に労働者や子供、虐げられている人、貧しさ、過酷な現実、基地の問題など、プロレタリア・アートに連なる作品が多数を占めていた様子がうかがえます。
市場でパンフレット類の一括の中からひっぱり出しパラパラ捲っていると目録に「浴室(連作16点) カワラ・オン」とあるのに気付いて俄然買う気になったのですが、河原温がこの時に「浴室」を初めて発表、注目を集めた、というのを知ったのは落札して後のこととなりました。落札できて本当によかった。
出品者は他に、山下菊二(「菊三」と誤記)、丸木位里、小山田二郎、池田龍雄、安部真知、桂川寛など。意外なことに、河野鷹思、高橋錦吉の名前も。
これまでのところ、当冊子の閲覧先や当冊子に基づく研究・記述等がほとんど見当たらず、体裁が体裁なだけに、残されているものは少ないのではないかと思います。

■『課題をもつた美術展 “ニッポン”』の巻頭文中に、さまざまに並べられた課題の一つとして、自由であるべき日本が“古い日本にすりかえられていること”という くだりがあります。敗戦から僅かに8年。自由の有難さ、古い日本が抱えていた問題など、まだまだ骨身に沁みて分かっていただろうと思えばさにあらず。忖度改竄隠蔽廃棄に各種ハラスメントまで時代劇のお代官様を思わせる傍若無人によって日々刻々古い日本に巻き戻されていくかのようないまの状況は、その状況を赦しているのは、何もいまに始まったことではなく、なるほど日本国とか日本人とか云うものもつの特性なのかも知れません。
せめて休日は晴天に恵まれたい。望みとか希望とかががだんだん小さくなっていく2018年のGWです。
くどくて申し訳ありません。もう一度。「みなさまどうか佳き休日を !」  

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...