#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

21/07/31 寺山修司と唐十郎をめぐる1975年の印刷物


オリンピック期間中につき、ただいま店はお休みをいただいております営業再開は8月10日(火)とし、8月末まではアポイント制でのご来店をお願 いすることになるかと存じますが、日が近づいてきたところで改めてご案内させ ていただきます。
また、休業期間中もSNS(Facebook、Instagram、Twitter)の投稿は続けておりますので、ご高覧いただければ幸いです。
引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。 

古書の取り引き市場は中高年の店主が多いというのに未だクラスターどころか 一人の感染者も出すことなく従前と変わらず運営されていて、小店店主も変わらず入札会に参加しています。従って、店は休んでいても毎週新着品の入荷だけは続いており、 例えば今週は、子どもの工作作品帖、大正時代~昭和初期・ベティさん他キャラ クター塗り絵のファイルがそれぞれ1冊、江戸小紋柄見本帖2冊、戦前ミニブロマ イド貼込帖2冊などがいまはただじっと出番を待っています。
そうした中から今日のところは戦後のカウンターカルチャー、アンダーグラウンド・アートシーンを象徴するような2点を。
1点目は、いまや戦後日本前衛芸術のなかでも王道に位置付けられた感のある寺山修司率いる劇団天井桟敷の海外公演用のパンフレット。演目は「疫病流行記」 で、1975年にアテネ、渋谷、アムステルダム、ブリュッセルで上演されたもの。
パンフレットは全篇英文で、本文8P。劇団沿革、歴代上演作品概要(スタッフ、 キャスト含む)、寺山修司年譜などで構成されています。
「疫病流行記」の英訳の下には、「作・演出 寺山修司」音楽 J.A.シーザー」の英文クレジットが。これは、「疫病流行記」が「言葉のない演劇」として構想された作品であり、音楽がとても重要な役割を果たしたことによるものです。
初期ピンク・フロイド的とも称されながら幻とされていたシーザーの音楽「疫病流行記」全25作は、初演から45年目の2020年、CDリリースされています。

■2点目は天井桟敷の寺山修司、黒テントの佐藤信、早稲田小劇場の鈴木忠志と並 ぶ「アングラ四天王」のひとり、天井桟敷に殴り込みをかけ、大乱闘を繰り広げ たことでも知られる唐十郎率いる状況劇場の写真集です。
タイトルは『かれらの未知の欲望 状況劇場1971/1973=野崎剛史』。裏表紙には 「野崎剛史写真拾遺」という記載も。発行は1975年で限定200部。当品はそのう ちのNo.3です。舞台写真には唐十郎と看板女優で先日逝去した李麗仙以下、麿赤児(大森南朋のお父さん)、根津甚八、不破万作などの姿も。
著者であり、舞台を追いかけ写真を撮った野崎剛史とはさてどういった写真家なのか…?
本そのものだけでは追い切れなかった可能性の残るその人については、当書に挟まれていた書簡1枚と、この200部の写真集のためにつくられたパンフレットから、多くのことを読み取ることができました。
いくつかのサイトで、「写真家」という肩書を与えられていますが、実際には発行当時、札幌でサラリーマン生活を送っていたアマチュアカメラマンであり、定 価¥2500の記載はあるものの、限定200部は主に知人友人へ進呈、販売は著者による直販売だったようです。
No.3と重きを置く相手に贈られたはずの当書については、自筆の書簡に書きのような記述があることから、状況劇場宛に贈られたものとみられます。
“本来ならば直接お渡しせねばならないころですが 一介のサラリーマンにとっては簡単に上京できかねますので、郵送致します。どうぞご受納下さい。 尚、6部同封いたしますので、劇団の皆様で分けて下さい。” 当書旧蔵者は状況劇場に関係していた人である可能性が高いことを示しています。
野崎氏はその後写真家に転身した可能性はないのか? という可能性にあたるために、例によってケンサクしてみました。行きついたのが「真駒内風良風良日記」というブログです。
ブログの筆者は野崎氏の高校時代からの親友らしく、2009年6月5日、野崎剛史告別式で弔辞を読んでいます。その一節 -「カメラマンに、なりたくて、なりたくて、アルバイトをしたが、お金が足りず、レンズまでは買えなかったけれど、ニコンのカメラのボディだけ買って、宝物のように、いつも大切に持ち歩いていたのも野崎だった」
4年後の2013年6月5日のブログは「野坐忌」というタイトル。「オレは来月、東京に行く。ジューローから電話があり“オレはノザキさんの葬儀に出られなかったけど、「盲導犬」を観劇後、ノザキさんを偲んで一晩呑み交わそう”という話があったわけさ」とあるこのジューローは、唐十郎なのでしょうか。
パンフレットに印刷された著者の写真は、岸辺シローを男前にしたような面立ちで、カメラマンになりたくて仕方なかったひとりの青年がはにかんだような笑顔を浮かべて、いまもこちらに眼差しを向けています。

* 野崎剛史氏については「真駒内真駒内風良風良日記」を参考とし、引用もさせていただきました。プログの主は本或いは古本の近くにいらした方のようで、もしかしたら亡くなられた「くすみ書店」の久住邦晴社長に所縁のあるかたではないかと拝察しています。
無断引用の段、誠に恐縮ながら、お赦しいただだければ忝く存じます。

 

21/07/20 オリンピック期間中臨時休業直前! 「ビュフォンの博物誌」入荷!

■いつもより3日遅れの新着品のご案内となりました。本題に入る前に、今月の営業のお知らせから。
かねてよりお知らせいたしております通り、オリンピック期間中は店を臨時休業とさせていただきます。このため、今月の営業は明日7月20日(火)12時~19時までのみとなります。
営業再開は8月10日(火)を予定しておりますが、感染拡大の状況等を見ての判断となりそうです。
休業期間中もHPの更新やSNSへの投稿などは継続いたしますので、お問合せ・ご連絡などはDMでいつでもお気軽に!
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

今週の新着品は久しぶりのフランスの古書、そして小店には不釣り合いな古書の王道ものとなりました。「ビュフォンの博物誌」と呼ばれる大部数の百科事典のうち、四足獣についての記述が続く22巻から34巻までの13巻です。
正式なタイトルは『一般と個別の博物誌(Histoire Naturelle, Generale Et Particuliere)』。初版刊行は1749年で1巻目から大ヒット。著者であるビュフォン(Georges Louis Leclerc Buffon)が38巻まで著し没した後、植物学者ラセペードが書き継ぎ、44巻まで発行されました。
ビュフォンは長くパリ王立植物園園長を務めたフランスの博物学者ですが、「啓蒙思想家」との肩書を与えている百科事典の記述も多く、とくに「自然は動植物の種を含めて徐々に変化をとげると考えて、のちの進化論形成に影響を与えた」(ブリタニカ国際大百科事典)ことから進化論の先駆者とみなされているとありました。ビュフォンとその博物誌は多少知ってはいましたが、まさか進化論の先駆者だったとは。科学者のお話しには謙虚に耳を傾けたいものです(とくに某国政府のみなさまには)。
ラセペードの後も増補改訂は続けられ、なかでも博物学者ソンニーニ(Charles-Nicolas-Sigisbert Sonnini de Manoncourt)は1799年から1808年まで約10年を費やし増補改訂。127巻からなるソンニーニ版が出版されました。
今回、小店に入荷した版がこのソンニーニ版ですが、刊行年度部分にある記載は「A.N.VIII」。さて、A.N.とは何年なのか? 何を指すのか? 調べてみるも全く分からず。それでも「A.N.VIII」でそのまま検索して出てきた数字(1799)、ソンニーニ版の刊行期間にあたる1798-1808年、フランスの古本屋が手書きで書き付けた「1802」という数字など考え合わせて、1799年から1802年前後に刊行された版と見て間違いなさそうです。
挿画は初版当時より四足獣を担当したジャック・ド・セーヴ(Jacques de Seve)の手になるものを引き続き転載しているものと見られますが彩色はなし。 

wikiに紹介されている38巻本の内容と突き合せてみると、今回入荷した13巻がカバーしている範囲は38巻本の第4巻から15巻まで、12巻分と重なっています。
テトキストには各巻それぞれ後に追加されたと見られるページが随所にあり、全体としてはまるまる1冊分の増補改定分が追加されていると見てよさそうです。
ご覧の通り、本文に使われているのは全て手漉き紙でほとんどが耳付き。軽装判の表紙の紙も良い味を出していますが、本文用紙のサイズが全て違うことで生まれる小口側から見た時の紙の束としての存在感も見逃せません。

■内容について見ていくと、22巻は馬とロバ、23巻は牛、羊、ヤギ、ブタ、犬、24巻は猫、鹿、ウサギと、人に使役する動物、或いは人の食卓に上る動物(!)から始まる編集構成自体、実に面白いものです。また、例えばネズミでも野ネズミやハタネズミは25巻に登場するのにドブネズミは26巻に一拍遅れて出てきたり、蝙蝠があちこちの巻で観られるなど、身近に存在していた生物がいまとは全く異なっているといった変化もみてとることができそうです。
キリンとその骨格、へその緒がついたままのカバの赤ちゃん、木の実を食べるリスの姿など、あくまで博物学的観察図がある一方で、背景にはその動物の生息域にありそうにない風景・建物などが描かれているなど、よく見ると突っ込みどころも多数。そして謎の生物も居て、なるほどこれは面白い! というのが個人的な大発見でした。
ビュフォンによるテキストは論文調というより文学的との指摘もあり、フランス語が読めればどれだけ楽しめたことか!
図版は犬が最も多く、また巻によってバラツキはあるものの、1冊におよそ15~20図、13冊で200点を超える挿画が収められています。
それにしても何故ビュフォンを買ったのか?と云うと、ここ数週間、欲しいものが何もなかったこと、この札で落札できるはずがないと思って入札したら落札できてしまったということ、つまりは実に消極的な理由による入荷となりましたが、教えられることは多く、つくづく買ってみるべきものだと思いました。「買ってみなけりゃ分からない。」昔から同業諸先輩に聞かされ続けた箴言です。
実は古本屋にはもうひとつ深く刻まれている言葉があって、「そこから先は我慢比べ。」というのなんですが、さて、この13巻全部欲しいという人が現れるのは果たしていつの日のことになるものやら。炎天下にも関わらず我慢比べの開始であります。とほほ。

■今週の斜め読みから。
景観破壊問題に始まり盗作、セクシャルハラスメント、ルッキズム、忖度挙句に虐待まで、そうそう揃うことのない愚行で塗り固めた世紀の祭典があと少しで始まります。
ワクチンは遠くマスクは暑い。みなさまどうかくれぐれもご用心下さい!

https://mobile.twitter.com/hirokim21/status/1416359306857910286?s=04&fbclid=IwAR3_byOYCE0m0n0olx_ADQSRlstZyJdLLbccPOQP9Nrn69oBoaoly1jXA8g

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ebf62db6b93220b6eb769f5fd8b850bec22a651 

 

21/07/10 戦中物件ふたつ - 満洲と隣組と。


■先週お知らせいたしました通り、オリンピック開催により、表参道周辺では人流の増加、交通規制や物流の停滞等が予想されることから、オリンピック開催期間中、店の営業は休業いたします。
このため、2021年7月の店の営業日は残すところ 7月13日(火)、15日(木)、17日(土)、20日(火)の4日だけとなります。営業時間はそれぞれ12時より19時です。

また、12日より4度目の緊急事態宣言発出により、上記の4日についてはアポイント制とさせていただきます。ご来店の際には予めご予約をお願いいたします。
入店時には不織布マスクの着用と店内入り口での手指の消毒をお願いいたしております。
ご不便をおかけいたしますが、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

これまた先週もお知らせした通りですが念のため再びお知らせ。
営業再開は8月10日(火)を予定しております、コロナウイルスの感染状況によっては、そのままお盆休みに入ることになるかも知れません。
オリンピック開催に伴う臨時休業期間中も、HPの更新やSNS(Facebook、Instagram、Twitter)への投稿は続けますので、営業に関する最新情報についてはHPまたはSNSでご確認いただけますようお願い申し上げます。
ご面倒かとは存じますが、何卒よろしくお願いいたします。
尚、パラリンピック開催期間中の営業については会期直前の状況をみながら改めて判断いたします。

■ここまで絵に描いたようなプロパガンダ誌は久しぶりの入荷になるかと思います。1937(昭和12)年、満洲帝国の首都として新都市開発が進められた新京建設第一期五ヵ年計画完成を記念してつくられた『躍進國都』が入荷しました。バリバリのグラビア誌であります。
満洲帝国政府」名により、満洲・興亜印刷局から発行された『躍進國都』は、テキストが全て中国語と英語併記であることから、対外宣伝を目的として制作されたものであることが分かります。
仰角のカメラアングル、無機質な撮影対象の多用、労働者の力強さの強調、過剰なほどのフォト・モンタージュなど、後の東方社の『FRONT』、さらに、そのフロントがお手本にしたというソビエトの『USSR』と実によく似た表現のオンパレード。また、ページ構成の面では、グラフ・モンタージュの影響もみられます。 

判型も『FRONT』と同程度の大判で、左右観音開きで全景を俯瞰した「第一期完成之國都新京」の迫力はご覧の通りのスケール。
ここではとりませんでしたが、映画街、夜間のネオンサイン、亜細亜号、学校生活、住宅街の優良物件など、風俗文化、日常までに取材。情報量としては『FRONT』を上回るものと思われます。
惜しむらくは写真や編集など、制作に関係した具体的人名に関する手掛かりが全くないこと。とはいえ、満鉄嘱託としてポスターの世界で目覚ましい成果を残した伊藤順三といった人材が、当時、大陸に渡っていたことを考えると、このくらいのグラビア誌が満洲の地でつくられたということについては、何ら不思議はないものと思われます。

このかわいらしい「マメカミシバイ」というのが、銃後の正しい生活をまっすぐ疑いなく説く内容であるがゆえに、いま読むと何とも言えない気分にさせられる物件でありまして、収納用紙挟みの表側・表4と、内側全面に龍角散の広告が入っていることから、龍角散のノベルティとしてつくられたものと見られます。
刊期の記載はありませんが、『マメカミシバイ ドウブツトナリグミ』というタイトルから「隣組」が制度化された1940年から、慰問袋が廃止されたという1943年頃までの間に使われたものと見られます。
「マメカミシバイ」が示すように外形が6.5×11cm、紙芝居本体は5.5×7.5cmというスモールサイズ。おはなしも6枚で終了します。
隣組の寄り合いで、「このお国の非常時に何かお国のためになることを」と話し合った動物たちが、健康のためにラジオ体操をしたり、防火用水を備えたり、空き地を耕し野菜をつくり、慰問袋を送るという、当時としては正しい日々の過ごし方を至ってシンプルに教えるものです。
国内の製薬会社では、戦意高揚に力を貸すべく、戦争関係の生徒・児童向けの読物など、陸続と発行した会社もありましたが、龍角散のものは初見。商品の性格がみても、今日まで残ってきたことの方がむしろ不思議に思えます。こんなふうにいま残っているのが不思議なものと出会えるというのもまた、紙もののもつ面白さのひとつだと思います。

■今週の斜め読みから。
なるほど! と、いたく納得。
https://twitter.com/levinassien/status/1413387215061741574?s=04&fbclid=IwAR2biUzdsRZnRfpAgOdZLaxMklOGMOjBlOqGXXIo-qzOcuk7Tzn85Ejqc_w
※当サイト内の画像・文章等の無断転載はご遠慮下さい。

 

 

recent catalogue C by image