#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

16/09/24 10月6日(木) 営業再開!? できるかな。

■ほぼ1ヶ月ぶりの更新です。店舗の営業をいったん休止して以来はや2ケ月近く。もうすぐ10月の声さえ聞こえてきます。ここまできたらさすがに営業再開の目途もたってるのでしょうね。はい。そうなんです。そう考えるのがふつうと云うもの。はい。そうですよね。そろそろお答えを。ここはずズバっと。
といきたいものなのですが。やはりどうにも気になる棚の仕様にちょいとばかり細工をしていただいて、どうせならついでに剥げてるとことか汚れているところとか塗装もお願いすることにして、という工事の日程が9月27日(火)。その後ペンキが乾くのを待って、待ってる間に一新会大市と云うのが開かれるので市場でまる二日つぶれて、店内落ち着いたところでしかるべく商品を配置して、あ、配置する前に、スランプ脱出したのかちょいちょい買えてるものにも値段をつけて、何しろ肝心の商品が手薄になってはいけないし、と云った具合で、狭小な我が脳みその中は課題と予定でもういっぱいいっぱい。がゆえに、実は営業再開の予定までまだ考えられないで居ると云う2016年9月24日現在であります。
そうした次第ではありますが、自分の中で期限を設ける意味でも、一応の目安を記しておくと、10月6日(木)営業再開。そこを目指して大車輪で仕事したいと思います (暦の関係で、6日が難しくなると次は10月10日または11日。普段は気にする方ではありませんが、こと店のこととなると暦も担ぐ)。
これは何度でも繰り返し念押ししておきたいことですが、店内、そうがらっと変わるわけではございません。その点くれぐれもお忘れなきようにお願いします。 休業期間が長引けば長引くほど、店内風景も品揃えも随分変わるんじゃないのという周囲のみなさまの期待値がアップしていくのが何よりおそろしい……。
 

 店内風景も取り扱い商品も、これまでとそう変わるわけでもないのに、何でここまで時間がかかっているのか? これひとえに、雑誌や冊子、とりわけ紙モノの類に主力を移すため。この1点に尽きます。これまで店内で一定の比重を占めてきた書籍や図録、美術関係洋書などは最小限にとどめました。書籍など体積のあるものをうすっペラなものに替えようというのですから、商品点数はこれまでの何倍にあたることか。作業を始めてからこの簡単な事実に気が付いたのですからあまりに迂闊だったと云えましょう。
加えて店の仕様はあくまで本屋。主力としていく商品をどのように収納しつつご覧いただくか。答えが出るまでに何と丸1ヶ月と云う時間が無為に過ぎ去ったのであります。
さらなる難問は値段をつける難しさです。これまでもさんざんパンフレットやチラシや広告、ラベルや包装紙、チケット半券に至るまで、さまざまな紙モノに値段をつけてきたじゃないかと云われそうですが、これまではあくまで余技余禄といった意識がどこかにあったのかも知れません。こっちを主力としていくんだと思った途端、値段を付けることに臆病になりました。「日本の古本屋」で検索しても、ヤフオクを調べても出てこないものに値段をつける。何を基準にどう評価するのか。Aと云う商品の値段を付けるのに、関係するBと云う商品にいくら付けたか見直すと、今度はBにつけた値段が果たして正しいのかどうか迷い始める。一度迷い始めると最後、関係する全てを見直したくなってきます。自分のなかに確たる体系ができてくるまでの、こうした作業の繰り返しには正直滅入りま した。
透明のビニール袋に入れたりリフィルにはさんだりと云う紙モノを扱う基本的な手間に行きつく以前に、かくして時間がかかり、店主はヨレヨレしておりますが、あともう一息(だと思いたい…)頑張ります。

 ■折角の更新なので、今回、もっとも値付けに迷ったものからいくつかを。
当ページ画像2点目は1950年代後半~1960年代、画廊での展覧会に関するDM類と写真資料。写真は「日本アンデパンダン展」を主催した日本美術会・武田敦史が撮影したものと思われる同会の反体制運動の記録。反核の会の講座出席カードの版下などとともに。DMは「タケミヤ画廊 第2回銅版画展」(出品作家のひとり、加納光於から野中ユリに宛てて。短信2行あり)、サトウ画廊「現代の呪物 赤瀬川原平の場合」、1959年渋谷東横7階画廊「第4回女流版画展」(瀧口修造文有)、1960年小西六フォトギャラリー「第二回 細江英公写真展 おとこと女」など、有象無象あった中から絞り込んで残しました。

画像3点目は、「具体」と並び世界的な評価の高まるもの派の榎倉康二らによる展示「点展」1973年、1976年開催分資料。スケジュール表、展示1点 毎に参加作家が提示した目論見からなる図版入りの冊子。点展には高山登、原口典之らが参加しています。他に、和英併記で榎倉の作品をまとめた薄冊作品集、 点展参加作家のひとり、藤井博による「R氏によせる、物を使用する、物的、空間的な 作品に対する、F氏の作品との関連による感想」(1975年、長文)をワンセットにしたもの。
いずれも入荷は一度きりのレアものと見ての値付けです。内容詳細と価格は営業再開後の店頭でご確認下さい。10月中に買い手がつかなかった場合には今年年内発行予定の「銀座 古書の市」の目録で。

■この他、木版刷り図案集、木版・肉筆半襟図案、呉服関係広告類(アール・デコ調多数)、戦前上海関係パンフレット類、戦前南仏リゾート地パンフレット (アール・デコ全開)、戦前渡航者の写真アルバム、同絵葉書、戦後文具関係スクラップ帖2冊など、晴れて営業再開日が決まった暁には、このページでご紹介 いたします。
さて。明日も再開に向けての作業がまだまだ続きます。「やれやれ」がもまたまだまだ続きます。

16/08/31 店の営業再開をひと月ほど延期させていただきます。

■遅ればせながら - 残暑お見舞い申し上げます。
猛暑と台風三昧の今夏、お変わりなくお過ごしでしょうか。
さて、ひと月ぶりの更新です。
先ず、簡潔かつ端的に申し上げますと、店の営業について、再開をひと月ほど延期させていただくことにいたしました。再開の時期については、目鼻がついたところで改めてお知らせいたします。
休業期間中ではありますが、明日以降、すでに商品をお取り置きいただいているお客様、目的がはっきりしているお客様にはアポイントをお取りいただいた上でご来店いただければと存じます。ご面倒かとは存じますが、メールかお電話でご一報下さい。何卒よろしくお願いいたします。
また、店内で作業している場合はその旨、扉に掲示しておりますので、ふらっとお立ち寄りの場合は呼び鈴を押してみて下さい。火・木・土曜日以外でも在席している日はありますし、火・木・土曜日でも不在の場合がございます。
ご不便をおかけし大変心苦しく存じます。どうかご海容の上、いま暫くお時間を頂戴できますようお願い申し上げます。

と、ここで終わらないのが日月堂であります。画像をもう1点入れるためにスペース埋めないといけないのであります。今回は苦し紛れに云い訳をひとくさり。
小店店主、まことにもって浅薄でありました。ひと月もあれば何とかなると思っていたのだから大甘。何とかやれたのは表からは見えない部分=バックヤードのお片付け。たったそれだけ。少しばかり什器のレイアウトを変えましたが、店内、商品の入れ替えなどまだまだ先という段階で9月を迎えた格好です。誤算に誤算を重ねて今日に至ったゆくたてというのが下記。

◎誤算その一
バックヤードと呼んではおりますが、要は店舗として利用しているマンション居室の、店舗として表に見えている以外の部分のこと。風呂場の浴室から浴槽(←ここ、伏魔殿でした)そして脱衣所、吊り棚や元は流しだったところの下、納戸などのスペースなどなど。古いマンションなので、こうした部分がそこそこあって結構広い。本来の用途を無視して利用しているあちらから、こちらから、買ったまま棚上げにしていたものがまあ次から次へと出てくる出てくる…。活かせなかった在庫や、売却するのを躊躇っていた半端なものだけでこれほどあったとは。ちなみにカーゴで約4台強分を詰め込んでおりました。自分でも思いもよらない物量で、これが最初の誤算。
◎誤算その二
とりあえず贅肉を落とし身軽になったところで、新たに店に並べようと品物を前にして愕然としました。薄冊や紙ペラが多いので体積としては大してないけれど 点数にして見るとこれが相当なもの。しかも、これまで放置していたくらいですから、いまが出し時なのか、出すとしていくら付けるのか、或いは 値付けには読み込みが必要なのだけれどしかしそれが手跡で読むのに覚悟が必要である、等々、見れば見るほど、数日で片付くとは思えない難物揃い。これまた簡単に 考えていたあるじの大誤算でありました。
◎誤算その三
今回、店に残した商品と新たに店に出す商品の多くが、もはや「本棚」という形態ではうくまく収まらない。これにはうすうす気付いていたのですが。什器=内装の一部にまで手を入れるための予算なんて確保できるのだろーか? 確保できたとして一体いつまで使う店なんだろー? そこまで手を入れる場合、「ほぼ休業状態」がいつまで続くんだろーか?  んでもって待つのは破産の道だけではなかろーかー!?  と、できるだけ目をそらす方向でいたわけです。ところが、いざ、実際に品物の配置を変え始めると、什器に仕事が規定される不条理にだんだん我慢ならない気持ちが募り……やれやれ。是非とも避けたかった、この大いにスリリングな展開まで射程におさめつつあり… というまさに想定外の誤算が生じたのが、8月も30日になってのことでありました。何のためのひと月だんたんだ!
ただし、什器と内装についてはまだ最終判断を保留にし、現状で通す可能性も残っていますので、決して期待はしないでいて下さい。
いずれにしても、結末や!いかに!? --- のお知らせはまた改めて!
あ。画像ひとつ目は8月27日(土)深夜に思わず投げ出したくなった店内の風景。画像2点目はごく最近の落札品で、簡単に値付けできるものから選んだ2口。現在、市場で買った時のままの、こんな姿で出てくる在庫とも格闘中であります。ああ。先は長い…。

 

16/07/30 古本屋20年。区切りの年の大整理。8月はひと月お休みをいただきます。

■梅雨明けとともに関東地方も夏の盛りに入りました。
暑中お見舞い申し上げます。
さて、ここ数週間お知らせしていた通り、8月1日より8月31日までのまる一ヶ月、店の営業を休みます。と云っても、旅に出るわけでもなければ療養を要するような状況にあるわけでもなく、とにかく店頭の商品構成とバックヤードに積み放題にしてきたストックとを徹底的に見直そうというもの。店内いっぱいに商品をひろげながらの作業となりますので、お客様をお迎えできるような状態ではなくなることが十分予測されるための休業です。何卒ご海容を賜りますようお願 い申し上げます。
ただ、市場やお客様のお宅にうかがう折など例によって不在の日あるものの、扉の向こうで仕事をしている日は多くなります。目的のお品物がはっきりしている方でご来店をご希望の方は、メールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。可能な範囲で対応させていただきます。
9月、結果としてそう変わらなかったな、なんてことになりそうな嫌な予感もいたしますが、少しは清々とした顔をしてお客様をお迎えしたいと思います。
みなさまどうぞよい夏休みを。そして9月にはまたお目にかかれますように!
*そんな余裕があるのかどうかいささかアヤシイお話しではありますが、バックヤードから発掘した埋蔵品など、Facebookで時折ご報告できるかも知れません。気が向いたら覗いてみてやって下さい。よろしくお願いいたします。

先週は入荷予告で触れただけだった『建築写真類聚』より、今週2冊を画像にとりました。昭和5(1930)年発行・再版『第6期第6輯 新興アパートメント 巻1』全50葉+扉揃と、スパイラル綴じで昭和8(1933)年発行・第3版の『第8期第3輯 カフェー外観集 巻2』全50図+目次・序文・巻末広告等揃・函付です。
『新興アパートメント 巻1』は関東大震災後の復興建築で、同潤会の名で知られるようになったアパートから、「渋谷アパートメント」と「青山アパーメント」とを取り上げたもので、序文に曰く「可成り詳細な範囲に迄意を及ぼした積りであるから、巻頭のプランと照合することに依って殆どを洩らすところなくその大様を窺ひ知ること が出来やう」。実際、プラン = 図面に振られた記号番号と写真のプレートに振られたそれとを照合すると、頭の中に立体的な姿が浮かんでくるよう。なるほど、よく出来ています。「青山ア パートメント」はご存知の通り、現在の「表参道ヒルズ」ですが、「渋谷アパートメント」とはどこかと云うといまは複合ビル「代官山アドレス」となっている 「代官山アパート」のこと。Wikiには「青山アパートメント」の当初の名称が「渋谷アパート」だったとの記述がありますが、これは明らかに間違い。私く らいの年齢だと、表参道も代官山も、平面配置図を見ただけで、アパートが建っていた当時の建物の様子、緑の深い街路がどちらの方向に向かっていたのかまで しっかり記憶しておりまして、「渋谷アパート」の平面図は間違いなく代官山。

写真もまた、外観から内装、装飾、設備、機能等まで分かるように - 例えば電気の笠が部屋によってちゃんとデザインされているのが分かると云ったように - ツボを押さえていて、序文で語られたお言葉以上の出来。お見事。
『カフェー外観集』は文字通りカフェのファサードの写真集で、とくに大震災後に盛んに建てられたモダンなカフェばかり。東京に限らず大阪でも京都でも、 「表現主義からアール・デコを経てバウハウスまで」と副題をつけてもおかしくないモード系カフェ興隆の歴史をいまに伝える1冊です。それにしても、店主設計というのが多い のには驚かされます。それくらいの洒落者だからカフェのオーナーになれたのか、素人でも設計できるくらい身近に資料があったのか。横丁の大工さんとか街の印刷屋さんとか、通りの珈琲屋さんとか床屋さんとかが揃って洗練されたセンスをもっていたのだとすると、それはもういまよりずっと豊かな時代だったに違いないと思います。ああ、劣化していくばかりのニッポン……。
『建築写真類聚』ではこの他、やはりお医者さま自身で設計された例が多いスパイラル綴じの『医院建築 巻二』、「アパート」同様未綴じのプレートからなる『都ホテルと京都ホテル』(=プレート少欠)なども入荷。同じ戦前建築関係書籍として今井兼次編著『現 代建築家選 エミール・ファーレンカンプ』、ただいま移転問題で揺れている築地市場の竣工当時を伝える『東京市中央卸売市場築地本場・建築図集』、朝鮮ホテルや大和ホ テルなどの写真を含む清水組の『ホテル建築図集』などが入荷しました。

■それはまあ確に自分で入札した金額ではある。あるのだがしかしまさかここまで高くなるとは。仮に『昭和初期 カルピス街頭宣伝記録写真』と名付けた写真紙焼のファイルのことです。思えばカルピスはモードでありました。何しろ「カルピス飲んでカンカン娘」です。カ ンカン娘のずっと前からカルピスがモードであったことを物語る写真です。高値やむを得ずと云う筋の商品です。
写真紙焼はファイルに貼り付けられているものが5枚、ファイルの透明ポケットに入れられたものが58枚の計63枚。中でも目をひくのが「CAPY HOUSE」なるカルピス社単体で運営していたと見られる“喫茶とお食事”のカフェ。カルピスのウェブサイトによれば、“1933(昭和8)年には、 「567」「コーヒーエッセンス」の宣伝を目的として、アンテナショップ「カピー」(喫茶店)を新宿三越の裏隣と、井の頭公園に開店しました”とあります が、いま手元にある写真はサイトで紹介されている画像とは別もの。また、「カルピス喫茶」と銘打たれた建物の写真の裏には「呉日日新聞社 写真部」のハンコがあり、これも詳細は不明。
「567(ゴロナ)」は“ガラナエキスに柑橘類の苦味その他8種の原料を配合した”商品で昭和7年発売。63枚の中には、「567」のウィンドーディスプ レイや試飲会の写真も含まれています。この他、カルピスが主催し日本各地で展覧会が開催されたとみられる昭和4年頃の「国際交歓 図画海外学生展(裏面に新愛知新聞の印のあるもの、「大阪三越7階ニ於ケル海外学生図画展ノ盛況」「福井市だるまや」と書かれたもの、「長崎」とするも のあり)、昭和5年の「上野池之端 空と海の博覧会」出店時のディスプレイ、「原宿駅前」の看板昭和6年の「名古屋広告祭」の宣伝カーとディスプレイなど。満艦飾の宣伝カーから原宿駅前とは思えない建物に据えられた看板まで、概ね昭和4年から7年頃を中心とした写真は、どれをとっても面白いこと請け合います。

お金持ちの男性以外にも投票することが日本で認められたのは実はそう遠い昔のことではありません。日曜日は都知事選です。今週のななめ読みから。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sendayuki/20160726-00060369/
私は週が明けるまで決して緑色のものを身につけません。

 

recent catalogue C by image

1435751365995.jpg

藤田嗣治自筆書簡 昭和21年12月・中河幹子...

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...