#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

20/02/15 PC不調により更新は来週に!

■さて、「今週も更新!」と勇んでHPを起動するも 更新プログラムの読み込みから再起動までにかかった時間が4時間半 ……
PCが動かないと画像の加工はもとより、原稿の準備もできないとあって、小店店主のできることはただもう待つだけ。待ち疲れであります。
しかも明後日の日曜日からは2日にわたって開かれる入札会「中央市大市」が控えております。
昨日来、感染経路不詳の新型ウイルス感染報告が各地で相次ぐ状況に備え、体力を温存したいこともあり - 何しろ「高齢者」寄りの年齢でもありまして - 今週は更新作業を1回休んで少しは早く眠ることにさせていただきます。
あとはお知らせをひとつ。店は本日土曜日はもちろん、来週も火・木・土曜日で営業いたします。

画像は今週ご案内する心づもりでいた商業美術家・内藤敏(敏雄)という人の戦前の仕事から。おそらくコロンビア・レコードに関する仕事のひとつで、児童舞踊の振付を図解したものと思われます。
外国人がすっかりいなくなった結果、人の姿が目に見えて減った表参道で、景気づけにひと踊り!?
 

 

 

20/02/08 グリコのオマケと松竹座ニュースその他入荷

■眠い。眠たい。眠たすぎる。
ということで、今週は説明抜きで分かる商品2点をピックアップ。
1点目は木製の「グリコのオマケ」。グリコの企画室に勤務していた人のノート、手帖、メモなど雑多なものが雑に放りこまれていたダンボール箱の底に眠っていたものです。
4点ともに木製で、部分的に金属が使われています。共通点は全て動く部分があること。
写真左から時計回りに、手と顔の向きを変えられるロボット、車輪で走るネズミ、胴体から首~頭が前後に揺れる鶴、起き上がりこぼしのように動く小鳥。
ダンボールの底をまだ浚い終えていないため、他にも出てくる可能性あり。一括販売の予定なので、いま少しお時間をいただければ幸いです。

 

みなさまご存知の『松竹座ニュース』が久しぶりに入荷しました。昭和4~5年発行内の6点(浅草の松竹座のものが中心)一括で販売する予定。
いずれも松竹座ニュースで最も多いサイズより一回り大きいB5サイズで8~10P
画像にある通り、内1点の中面には"愈々四月三日 五都松竹座を始め「全国八大代表常設。日本縦断封切り」と威勢のいい惹句が画面中央に踊る「メトロポリス」の封切り告知広告入り!


■今週はこの他、戦前戦後の海外ツアーパンフレット・地図がダンボール1箱分、洋書絵本8冊明治~昭和初期の絵手本・美術教科書のしばりが2本、署名はないもののなかなか達者な墨絵の挿絵約20点などが入荷いたします。こちらは店頭にて。その他もろもろ早い者勝ち!
駆け足となりましたが今週はここまで。来週はもっとまじめにやりますですはい ……










 

20/02/01 印判手のための"銅板転写紙"コレクション 3冊入荷!!!

■2020年もはや2ヶ月目に入りました。小店店主ときたら今年はまだ正月を迎えた気もしていないのになんてズレたことをいまだぼやいておりますが。
面倒な人のことなぞ放っておいて、さて。今週の新着品です。
小店が扱っている商品には、写真帖やスクラップブック、見本帖、手控えといった類の、個人の蒐集・制作品で正式なタイトルをもたないもの、というのが、よく考えてみると結構な数にのぼります。
今週の1点目も個人の蒐集によるもので、タイトルも何も記されていませんが、集められたのが全点、明治期にさかんにつくられた「印判磁器のための銅板転写型紙」ばかり。蒐集帖の対象としては相当珍しいアイテムだと思います。
古道具関係に多少の心得がある方なら「印判」「印判手(いんばんで)」と云えばすぐにどんなものかお分かりかと思いますが、要は絵柄が"プリント"された磁器のこと。明治期に盛んになった染付磁器の装飾技術が印判、すなわちプリントでした。
何しろプリント=印刷なので、絵付け職人の技量を必要とせず、大量生産が可能で、しかも多彩なデザインが一気に開花。日本人の生活のなかに根付くとともに、殖産興業の機運と相俟って輸出用の商品も盛んにつくられたとされますが、実際、その勢いは今日に至るまで骨董市にあふれる印判手の雑器の種類と量からもうかがい知ることができます。
大量の製品に触れながら、しかし、印判=プリント技術に関わるものを見たのは小店店主、実は今回入荷した経本仕立て3冊の蒐集帖がはじめてでした。かなり珍しい! と、思います。
そもそも印判には、いまは詳細が分からなくなってしまった「コンニャク印判」、布染同様に柿渋紙のような防水性の型紙の上から染料をブラシで染め付ける「型紙摺絵」、同じく型紙の上から染料を吹き付ける「ステンシル 紙摺吹墨」、そして明治19年に有田で始められた「銅板転写」があるそうで。
「銅板転写」というのは文字通りエッチングの技法を応用した技術で、銅版画の腐食版に染料をおき紙に転写→転写した紙が乾かないうちに器物に押し付け転写する、というもの。 

経本仕立ての3冊、両面開きで数えて84面分の貼り込みが続く今回の蒐集品は全て、この「銅板転写」の過程でつくられた「転写するための紙」ばかり。かれこれ35年ほど前、露店のご店主に教えられた「印判に使ったシールみたいな紙」というのは、本当にあったんですねえ。
元絵が銅版画だけに、繊細な描線によって描かれた具象的意匠が並びます。藍色を主としてグリーン、エンジ、茶色などをアクセントに使ったものも。フランス語で商品名が記されたクリームの容器用の他、ことさらに中国風の意匠に倣ったものなど、海外向けと思われるデザインも多数。また、うつわの見込み・口縁・胴・腰など、どのように組み合わされていたのかが分かる貼り込み方にも優れ、しかもレイアウトの美しさもなかなかのもの。
どこからどう見ても、買わないという手はないと思える品物でした。
芸達者が達者な芸を集めたかのようなこの3冊に、小店店主がつけた商品名はそのまんま『印判磁器 銅板転写型紙集』。芸がなくてすみません。

2点目はみなさまお馴染みの山田芸艸堂発行の明治期木版刷図案集の代表格『美術海』が久々に入荷しました。
今回入荷したのは5冊。明治29年発行の巻6、巻8~10の4冊と、表紙は巻8としながら奥付なし・5冊分の合本が1冊
木版画の技術、そして、鶴と亀と青海波など古典文様を近代的にブラッシュアップする技量に舌をまくばかり。『美術海』、何度見ても「さすがは!」です。

■表参道のショップでは、今週、店員さんたちがマスクを着用し始めました。日本列島で頻発している地震、暖冬、オーストラリアの山林火災と猛暑、そして世界にひろがりつつある新型肺炎 …… 明日、何が起こっても動じない人になるしかないと思う2020年2月のはじまりです。
何はともあれ みなさまどうかくれぐれもご自愛のほど!
 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...