#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

16/07/30 古本屋20年。区切りの年の大整理。8月はひと月お休みをいただきます。

■梅雨明けとともに関東地方も夏の盛りに入りました。
暑中お見舞い申し上げます。
さて、ここ数週間お知らせしていた通り、8月1日より8月31日までのまる一ヶ月、店の営業を休みます。と云っても、旅に出るわけでもなければ療養を要するような状況にあるわけでもなく、とにかく店頭の商品構成とバックヤードに積み放題にしてきたストックとを徹底的に見直そうというもの。店内いっぱいに商品をひろげながらの作業となりますので、お客様をお迎えできるような状態ではなくなることが十分予測されるための休業です。何卒ご海容を賜りますようお願 い申し上げます。
ただ、市場やお客様のお宅にうかがう折など例によって不在の日あるものの、扉の向こうで仕事をしている日は多くなります。目的のお品物がはっきりしている方でご来店をご希望の方は、メールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。可能な範囲で対応させていただきます。
9月、結果としてそう変わらなかったな、なんてことになりそうな嫌な予感もいたしますが、少しは清々とした顔をしてお客様をお迎えしたいと思います。
みなさまどうぞよい夏休みを。そして9月にはまたお目にかかれますように!
*そんな余裕があるのかどうかいささかアヤシイお話しではありますが、バックヤードから発掘した埋蔵品など、Facebookで時折ご報告できるかも知れません。気が向いたら覗いてみてやって下さい。よろしくお願いいたします。

先週は入荷予告で触れただけだった『建築写真類聚』より、今週2冊を画像にとりました。昭和5(1930)年発行・再版『第6期第6輯 新興アパートメント 巻1』全50葉+扉揃と、スパイラル綴じで昭和8(1933)年発行・第3版の『第8期第3輯 カフェー外観集 巻2』全50図+目次・序文・巻末広告等揃・函付です。
『新興アパートメント 巻1』は関東大震災後の復興建築で、同潤会の名で知られるようになったアパートから、「渋谷アパートメント」と「青山アパーメント」とを取り上げたもので、序文に曰く「可成り詳細な範囲に迄意を及ぼした積りであるから、巻頭のプランと照合することに依って殆どを洩らすところなくその大様を窺ひ知ること が出来やう」。実際、プラン = 図面に振られた記号番号と写真のプレートに振られたそれとを照合すると、頭の中に立体的な姿が浮かんでくるよう。なるほど、よく出来ています。「青山ア パートメント」はご存知の通り、現在の「表参道ヒルズ」ですが、「渋谷アパートメント」とはどこかと云うといまは複合ビル「代官山アドレス」となっている 「代官山アパート」のこと。Wikiには「青山アパートメント」の当初の名称が「渋谷アパート」だったとの記述がありますが、これは明らかに間違い。私く らいの年齢だと、表参道も代官山も、平面配置図を見ただけで、アパートが建っていた当時の建物の様子、緑の深い街路がどちらの方向に向かっていたのかまで しっかり記憶しておりまして、「渋谷アパート」の平面図は間違いなく代官山。

写真もまた、外観から内装、装飾、設備、機能等まで分かるように - 例えば電気の笠が部屋によってちゃんとデザインされているのが分かると云ったように - ツボを押さえていて、序文で語られたお言葉以上の出来。お見事。
『カフェー外観集』は文字通りカフェのファサードの写真集で、とくに大震災後に盛んに建てられたモダンなカフェばかり。東京に限らず大阪でも京都でも、 「表現主義からアール・デコを経てバウハウスまで」と副題をつけてもおかしくないモード系カフェ興隆の歴史をいまに伝える1冊です。それにしても、店主設計というのが多い のには驚かされます。それくらいの洒落者だからカフェのオーナーになれたのか、素人でも設計できるくらい身近に資料があったのか。横丁の大工さんとか街の印刷屋さんとか、通りの珈琲屋さんとか床屋さんとかが揃って洗練されたセンスをもっていたのだとすると、それはもういまよりずっと豊かな時代だったに違いないと思います。ああ、劣化していくばかりのニッポン……。
『建築写真類聚』ではこの他、やはりお医者さま自身で設計された例が多いスパイラル綴じの『医院建築 巻二』、「アパート」同様未綴じのプレートからなる『都ホテルと京都ホテル』(=プレート少欠)なども入荷。同じ戦前建築関係書籍として今井兼次編著『現 代建築家選 エミール・ファーレンカンプ』、ただいま移転問題で揺れている築地市場の竣工当時を伝える『東京市中央卸売市場築地本場・建築図集』、朝鮮ホテルや大和ホ テルなどの写真を含む清水組の『ホテル建築図集』などが入荷しました。

■それはまあ確に自分で入札した金額ではある。あるのだがしかしまさかここまで高くなるとは。仮に『昭和初期 カルピス街頭宣伝記録写真』と名付けた写真紙焼のファイルのことです。思えばカルピスはモードでありました。何しろ「カルピス飲んでカンカン娘」です。カ ンカン娘のずっと前からカルピスがモードであったことを物語る写真です。高値やむを得ずと云う筋の商品です。
写真紙焼はファイルに貼り付けられているものが5枚、ファイルの透明ポケットに入れられたものが58枚の計63枚。中でも目をひくのが「CAPY HOUSE」なるカルピス社単体で運営していたと見られる“喫茶とお食事”のカフェ。カルピスのウェブサイトによれば、“1933(昭和8)年には、 「567」「コーヒーエッセンス」の宣伝を目的として、アンテナショップ「カピー」(喫茶店)を新宿三越の裏隣と、井の頭公園に開店しました”とあります が、いま手元にある写真はサイトで紹介されている画像とは別もの。また、「カルピス喫茶」と銘打たれた建物の写真の裏には「呉日日新聞社 写真部」のハンコがあり、これも詳細は不明。
「567(ゴロナ)」は“ガラナエキスに柑橘類の苦味その他8種の原料を配合した”商品で昭和7年発売。63枚の中には、「567」のウィンドーディスプ レイや試飲会の写真も含まれています。この他、カルピスが主催し日本各地で展覧会が開催されたとみられる昭和4年頃の「国際交歓 図画海外学生展(裏面に新愛知新聞の印のあるもの、「大阪三越7階ニ於ケル海外学生図画展ノ盛況」「福井市だるまや」と書かれたもの、「長崎」とするも のあり)、昭和5年の「上野池之端 空と海の博覧会」出店時のディスプレイ、「原宿駅前」の看板昭和6年の「名古屋広告祭」の宣伝カーとディスプレイなど。満艦飾の宣伝カーから原宿駅前とは思えない建物に据えられた看板まで、概ね昭和4年から7年頃を中心とした写真は、どれをとっても面白いこと請け合います。

お金持ちの男性以外にも投票することが日本で認められたのは実はそう遠い昔のことではありません。日曜日は都知事選です。今週のななめ読みから。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sendayuki/20160726-00060369/
私は週が明けるまで決して緑色のものを身につけません。

 

16/07/23 本日更新の要諦は HPと8月のこと。新着品は「和」の2点です。

 ■先ずはお知らせです。当HPについて、アクセスしようとすると「どっか行っちゃったよ」といった感じの英文が出て表示されなかったり、トップページが開くまで時間がかかるなど、ここのところ大変不安定な状態が続いています。専門の方の調査により、外部からの侵入の痕跡などなく、すぐに閉鎖しなければならないようなリスクは考えられないものの、トップページに何らかの原因箇所あるのではないか - データベースから情報を読み込む段階で負荷が大きくなっているなど - という指摘を受けました。
現在、HPのリニューアルに向け、具体的な打合せに入っておりますが、移行までにはまだまだ時間がかかります。今後しばらくは状況を注視しつつ、その原因等に合わせて適切な対応をとっていく所存です。尚、HPの閲覧が難しい場合など、是非、Facebookの「古書 日月堂」のページをご覧下さい。必要な情報については随時更新いたします。また、メールをいただければこちらからご返信申し上げます。
ご不便をおかけいたしまして誠に恐縮に存じますが、引き続きお付き合いのほど、何卒よろしくお願いいたします。

大切なお知らせがもうひとつ。来週は、火・木・土曜日の各日12時より20時で営業いたしますが、8月は1日より31日まで1ヶ月間、店の営業をお休み させていただきます。と云っても店主骨休めどころかバックヤードの整理と在庫の見直し、商品の入れ替え等で、普段以上に店に居ることになりそうです。
1996年の開業以来20年、ここらで一度垢を落とし、在庫を見極め、今後の進むべき方向について改めて考えてみようと思います。9月の営業再開時には、 しばらく動いていなかったものなど一掃したいと思っていますので、買い忘れていたもの、後回しになっていたものなどはお早目に。開業20年にして初の長期 店舗休業。これまたご不便をおかけいたしますが、ご海容を賜りますようお願い申し上げます。
おっともひとつ。当HPは、長期休暇突入直前の来週も更新を予定いたしております。

河原崎晃洞。大正から昭和初期に発行された木版刷図案集の著者としてお馴染みの名前ですが、日本画家としても活躍したという経歴がむしろ仇となったの か、どうも説明的で、具象に傾きがちの意匠の甘さが気になるのが常なのですが、この『四季応用 図案百選』では他の多くの晃洞作品と異なる大胆な省略と洗練された構図、コントラストが鮮やかな色使いに目を見張ることになりました。晃洞の図案集の版元として、こちらもお馴染みの内田美術書肆から、昭和7~8(1932~1933)年にかけて発行された3冊組が入荷いたしました。

 3冊の内容と内訳は『春』『夏』『秋冬』の3冊でそれぞれの季節に相応しい花や吉祥をモチーフとした25図ずつ、全75図を所収したもの。「百選」と云う 100との齟齬が少々気になりますが、実は当書にはもうひとつ、春夏秋冬各1冊・全4冊の別ヴァージョンがあり、そちらの現物にあたってみる必要はありま すが、4冊の方は各25図の計100図を収めている可能性大。と、なると、いま現在自分の手元にない25図というのがどんなものか? 何だかとても損している気がしてきていけません。
それはさておき。図版にとった図案は、右端から時計回りで、黒と僅かな金色使いが現代的な「さざんか」、背景色が利いている「あやめ」、蛍の光を控えめな 銀円で表わした「すすき」、抽象絵画を思わせる「うめ」、個人的に小店店主が唸ったと云う「雪輪に南天」。かなり渋めのラインナップとなりましたが、華や かな図版も多数。詳細は店頭でご確認いただければ幸いです。

続く新着品は縞帳2冊。表紙の劣化で判読が難しいものの、佇まいからして明治と云うより江戸の、『志満手本』(と読めます)。画像上段は外形 27×16cm・30丁(60P)、下段は外形21×16cm・22丁(44P)と少々サイズは違いますが、貼り込まれた布の数といったら、それぞれ …… と云ってカウントしたいのはやまやまですが、深夜3時の作業としては厳しいものがありあっさりパス。ですが、画像でご覧の通り、ほどよい余白を残してきれ いに貼られたページとタ縦横無尽に貼り込みが櫛比するページとが混在し、数え出すととんでもない点数であることだけは請け合います。
表紙と三方、表紙・裏表紙から数葉の経年劣化は免れませんが(それがまた、時代をへた風格のようになっているわけですが)、中央に近づくにつれ、まるで蒐集されたのが昨日のことのように状態の良いページが現れて驚きました。
表紙の手跡から見て、収集・収蔵は同一の人物または工房のものと思われ、150年以上をともにしてきた2冊、ここでバラはてしまうのは忍びなく、2冊での販売を考えています。

■今週はこの他、欧州に航行した『軍艦八雲練習記念写真帳』他軍隊関係写真アルバム3冊、『タタカフ ヘイタイ』等戦中の絵本4冊、海外の花の図案集を完全にパクった日本のデザイン図案プレート、戦前戦中の『写真時代』8冊、杉浦非水が表紙絵を手掛けた 『三越タイムス』9冊日本郵船『Travel Bulletin』他冊子類11冊建築写真類聚等戦前建築写真集関係2本口…等々、土曜日には店に届きます。このうち何点かは、来週以降のこのページで ご紹介いたします。

今週のななめ読みから。我ながらこんなことも知らなかったかというお話しと、なるほどねと云うお話しと。
http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/topics/inouehisashi_kouen.html
https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/02/12/japan-2/
あとひとつ。ザイ●クとかコ●フクとか、下のツ●ルカイとかと関係の深い人を首都の首長にするのはものすごくまずいと思う次第です。
http://www.tsukurukai.com/News/index.html#280719news

 

16/07/16 『FRONT』フィリピン号と大倉商事大連出張所主任・堀洋三旧蔵写真帖

■久しぶりの更新です。先週金曜日から日曜日まで続いた市場は我ながら まずまず。とも云えるような、ダメだった。とも云い得るような、要する非常にハンパな結果に終わりました。現在私のもとに残っているのは、なかなか抜けない疲労 並びに  シビアな金額のお支払い のふたつであります。やれやれ。後者については請求書の到着を待ってどうするか考えるとして、とりあえず新着品のご紹介です。
第二次世界大戦下の日本を代表する対外広報誌『FRONT』が七夕の市場から店にやってまいりました。お目にかかることの少ない、号数二桁台の3冊です。
この内、『FRONT 10-11 鉄号』『FRONT 12-13 華北建設号』の2冊は「あっ。」と云う間もなく小店からお客様のもとに旅立ちますが、『FRONT 14 フィリピン号』は小店自前の落札品。何しろ現物を見るのはこれが初めてということもあって、長逗留となるのも覚悟の上での入札ではありました。 『FRONT』についてはあともう1冊、『5-6 満州国建設号』の中国語ヴァージョンも近々入荷する予定です。『満州国建設号』は日本語版がたまに出てくるのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、中国語版は日本語版とは異装 …… といった『満州国建設号』については入荷後に改めてご案内することにして、何はともあれ日本語版以外の『FRONT』が2冊揃うというのは小店初のことかも知れません(このあたり、実は記憶があいまいです…)。
Wikiをご参照いただければたちまち明らかになることですが、念のため記しておきますと、『鉄号』は英語と中国語の併記、『華北建設号』は中国語と日本語の併記、『フィリピン号』は英語と中国語の併記となっています。
これまたご存知の通り、陸軍参謀本部の発案で、当時のソヴィエト連邦の対外宣伝誌『USSR in conctruction』を手本とし、陸軍を後ろ盾に発行された『FRONT』は、林達夫、原弘、高橋錦吉、木村伊兵衛、渡辺義雄、濱谷宏など優れたス タッフのもと、潤沢な資金と資源を投入して制作されたのが『FRONT』です。大がかりな写真撮影、フォトモンタージュやエアブラシによる修正など、スタッフが納得のいくまで 何度も手を加えただけあって、全編にわたって漲る緊張感は、発行回数を重ねた今回入荷の号あたりに至るも並ではありません。
『フィリピン号』のテーマは英米列強からの解放と大東亜共栄圏建設完成のための戦争勝利。日中戦争から太平洋戦争を通じ、日本と日本が食指を伸ばした先の国々で盛んに喧伝された美辞麗句がいかに欺瞞に満ちたものだったか。『FRONT』とは、国家的欺瞞を覆い隠すために必要とされた完全なる偽装の姿そのものであり、その誌面が洗練されればされるほど、そして、そこで見せる他国の人たちの笑顔が美しければ美しいほど、暗澹たる気分にさせられます。2016年 7月。参議院選挙後。いま最も 「一見の価値ある」雑誌だと思います。
表紙に一か所、僅かな傷があるのが惜しまれますが、あとは全編通して傷みもシミもないほぼ完ぺきな状態です。


こちらは七夕の延長戦上に開催された特選プレミア市からの到来品。これまた久しぶりの、個人所有のちょっと面白い写真アルバム。
今回の布装写真帖は大倉商事大連出張所主任だった堀洋三の旧蔵品。明治末、明治学院を経て早稲田大学で学んでいた当時の写真から、結婚後妻子ある家庭風景まで、およそ10年前後にわたる記録となっています。
堀洋三本人は洒落たスーツで決めた写真が多く、なかなかダンディな若き紳士です。中流以上の生活ぶりがうかがえる堀家の家庭内スナップや堀の親族の肖像写 真と並び、大倉商事大連出張所の同僚とその家族の写真(氏名、撮影年記載)多数。なかでも目をひくのが大連での大倉商事運動会風景や大連の芸妓の写真、そ して大倉喜七郎が注力したと云われる「本溪湖煤鉄公司全景」のパノラマ写真と炭鉱関係の数葉です。また、その喜七郎夫妻を大連に迎えての歓迎会の写真も。
他にもロシア語が印刷された芸妓の集合写真絵葉書に日本語で源氏名が書き込まれたものなど、全体に、当時の大連大倉商事と大連の日本人社会に関する資料的写真多数。名前と年度が比較的まめに書かれているのも手柄と云えるでしょう。
さて、堀洋三と云う人ですが、調べてみると、わずかながら資料があることが分かりました。「堀洋三」「大倉」の2文字でgoogle先生に問い合わせてみ ると、「国立国会図書館デジタルコレクション」の「大倉対川崎銑鉄訴訟事件之追憶 [53]」と云うのにつながります。詳細についてはまだインターネット公開されていないため分かりませんが、この事件の梗概によれば、大倉と川崎との銑鉄 取引をめぐる訴訟合戦のなかで、どうやら堀洋三は大倉の内部文書を川崎に渡し、大倉の有利に運んでいた訴訟を妨害しようとした人物 ―― 当然、大倉にとっては裏切り者 ―― として登場します。時は大正14年。この写真帖の時代とはほんど開きがありません。事件の後、堀とその家族、そして親族は一体どのような行く末が待ち受け ていたのか … おそらくは堀夫人の手で書かれたと思われる「郷里の墓」の文字が添えられた写真1枚が貼られたページに、あの当時は当然とされていたのであろう家人として の覚悟といったものがうかがえて胸に迫ります。

■今週はこの他、江戸時代中期~末期と見られる縞帳2冊、近衛文麿・堀内敬三・弘田龍太郎他戦時下音楽家の自筆書簡コレクション、昭和8年当時の西陣染織 研究会がまとめた海外製品生地サンプル集『玲瓏譜』『四季応用図案百選』3冊揃、戦前資生堂のノベルティ2点などを落札。店への入荷は来週木曜日となり ますので、『図案百選』と『縞帳』は来週の更新でご紹介する予定。しばらくお待ち下さい。

今週のななめ読みから。それにしても、あの党を信任できると云う人は、あと何度くらい愚弄されたら気がつくんだろう。いや、大切なものが失われつつあると云うこと自体、認識されていないとすると…? 問題の根の深さを考えさせられる2つの記事。
http://blogos.com/article/183312/
http://hibi.hatenadiary.jp/entry/2016/07/12/011239

 

recent catalogue C by image

1435751365995.jpg

藤田嗣治自筆書簡 昭和21年12月・中河幹子...

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...