#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/09/15 モダニズムを学ぶ学校とモダニズムを志向した学校建築 そしてバウハウス

■瞬く間の一週間。先週の土曜日からこちら、なかなか面白いものの入荷が続いており、3回くらいに分けてのご紹介となりそうです。今回の更新はその第1回目。
先ずは「造形芸術雑誌」を標榜した構成社発行の雑誌『建築紀元』。偶然が重なり、発行された全5号のうち第1巻第2号と同第3号の2冊が入荷しました。ともに昭和4(1929)年の発行
第1年第2号は、この雑誌の中でも夙に知られる「バウハウス特集」で、初めからおしまいまで1冊丸ごと&徹頭徹尾バウハウスで編まれています。一度見たら忘れられない表紙のデザインは同誌の編輯委員でもある堀口捨巳。
堀口の他、板垣鷹穂、岸田日出刀、仲田定之助、坂倉準三、吉田謙吉など錚々たるモダニスト(!!!) が編輯委員に名を連ねた『建築紀元』は、日本のモダニズム=当時の新しい芸術や造形美を考える上で、欠くべからざる言説空間です。
話は「バウハウス特集」に戻ります。岸田による「バウハウス」という記事に始まる特集は、ドイツのタウト・ホフマン事務所で働くことになっていた牧野正巳のバウハウス訪問記「バウハウスを観る」、近代建築作家を訪ねてロシアから北欧を経てベルリンに入った今井兼次が実際に面会をとりつけて会うことのできた「グロピウス訪問記」など、日本人が実際に触れ得たバウハウスの記録を交えながら、建築工芸研究機関としての役割、シュレンマーやモホリ・ナジについての研究、バウハウスにまつわる理論、理念、そして教育機関としての教程、さらにはバウハウス叢書の解題や関係文献の一覧まで 流石! の充実ぶりです。
もう一冊、第1巻第3号はぐっと地味な内容ながら、「建築の出動」「エア ポート」といった記事が並びます。 

さて、当誌を主力の媒体のひとつに据えていた構成社は、1929(昭和 4 )年 9 月から1931(昭和 6 )年 6 月までの約 2 年でその活動を終えることになりました。この雑誌、うけていたらもう少しは続いていたのではないかと思います。あ! 出版当時の一般的な評価と、後世古書になってからの評価は必ずしも一致せず、というのはよくあるお話しなので。ええ。はい。ま、ええーっと、そうですねえ、そうお安くはない…

■2冊目は『横浜市復興小学校建築図集』。昭和6(1931)年に発行された写真図版中心の書籍です。
復興、と云うのはもちろん関東大震災からの復興の意味で、ご承知の通り震災で激甚災害に見舞われた横浜市が、特別議会で24学級規模・31校を鉄筋コンクリート製で再建することに決めたのだそう。
大正14(1925)年の三吉小学校を皮切りに、昭和5(1930)年の日枝小学校の竣工までの5年間で計画した31校全て完成を見たことから、「復興史の一片とせんために」発行が決まったという本がこれ。
おそらく ぼぉーっと生きてるので気付いてなかっただけなのかとは思いますが、復興建築図集は数あれど、小学校だけを取り上げたものは初見でした。もちろん31校全て学校ごとに異なる外観の写真を所収。教室や医務室、応接室、理科室、裁縫室などの校内施や運動場の写真なども。
復興建築に通底しているかに見えるモダニズムの精神は小学校建築にも生かされたのか、同潤会的な装飾を排した外観やレンガ敷風のスロープ、丸窓などはいかにも当時の「復興建築」の系譜に連なるものだと云えそうです。
所在地、坪数、建物、工事費詳細、運動場の児童あたりの坪数、平面図・配置図など資料部分も充実。とても行き届いた資料となっています。 

名取洋之助率いる日本工房からは、日本語による『NIPPON』が2種類発行されています。ひとつは対外広報誌として主に英語で発行されていた『NIPPON』の日本語(訳)版。もうひとつは あくまで「日本国内の文化機関誌として」発行した別ヴァージョン。で、画像3点目は別ヴァージョンの方の『NIPPON』で、昭和13(1938)年の第1巻第2号が入荷しました。
横に長い紙を綴じ込むことで広告スペースにあてる、縦1/3を残して2/3を切り落とすなど、『コマースジャパン』を彷彿させる実験的な部分も多く、誰の仕事かと思ってみると、河野鷹思。亀倉雄策のクレジットあり。なかでも表紙は河野鷹思が担当しています。
最もよく知られている対外広報誌『NIPPON』との一番の違いは記事部分の充実にあって、井伏鱒二、矢田津世子、三岸節子、神近市子、林謙一、佐藤惣之助、岩崎昶、飯島正などが執筆、カットではブブノワや西脇マジョリーといった名前も見られ、そのほとんどが当誌のための書下ろしと見られます。
文化機関誌を目指しながら、しかし内容的に見ると戦時色は強く、銃後婦人論、対外宣伝・宣伝政策に関する論考にテキストの多くのスペースを割いています。
“日本工房による『NIPPON』日本版”と云うと何だか冗談めいている気もしないではありませんが、現在までのところ確認できているのは僅かに2冊だというこの1冊、珍本稀本に違いなさそうです。

■今週はこの他、半革装の19世紀末~20世紀初めの洋書カーゴ約1/2台分イタリア他海外客船会社の戦前のパンフレット4点、タバコのパッケージを中心にチケット類などをきれいに貼り込んだ戦前の渡航者によるスクラップ帖などが来週木曜日に店に入ります。 

18/09/08 プレスアルトのパクリ元? 和本の袋のパクリ先?

■平成最後の夏は、猛暑と台風に加え、地震とともに記憶されることになってしまったようです。
被災された方、つらい日々をお過ごし方には心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
日本全土いつどこで何が起こってもおかしくない時代に入ったように思います。日々の安寧を祈るばかりです。
 
■今週の新着品から、1点目は1926年にニューヨークで出版された『MODERN POSTER ANNUAL Vol.3 1926-1927』。小型シールを黒い台紙に並べて貼り付けたリーフなど、バラでは何葉か見たことがあるように思うのですが、まさか海の向こうにもこんな雑誌(年鑑)があろうとは。つまり、まとまった刊行物として眼にしたのも、従って入荷したのも今回が初めてです。
「海の向こうにも」と書いたのは、日本には、日本国内で刊行された優秀広告印刷物の現物を集め、簡潔なデータを加刷しながら定期刊行(月刊)していた『プレスアルト』という広告専門誌があったから。この『MODERN POSTER ANNUAL』はそのアメリカ版とでも云うべきものです。『プレスアルト』収録の印刷物同様、裏面や中面まで印刷がおよんでいることなどから見て、こちらもあくまで「現物」を集めたものだと思われます。
紙製のポートフォリオに、A4よりひとまわり大きい黒い台紙として、収集した印刷物=サンプルを貼り付けた35葉を所収。
タイトルにはポスターと謳っていますが、実際には車内広告や店頭広告用に用意された小型ポスターを中心に、ポスターのデザインを流用したパンフレット類、ポスタとは関係なくデザイン的に優れたカタログ、冊子、絵葉書などを含んでいるもので、目次には「Over 100 Color Posters」という記載が見られます。 

さて。冒頭、徹底した現物主義の広告専門誌としては、まるで『プレスアルト』が先行していたかのような書き方になりましたが、『プレスアルト』は昭和12年の創刊。昭和12年=1937年なので、先行誌は明らかに『MODERN POSTER ANNUAL』ということになります。残念ながら、おそらくアイディアをいただいたのであろう前者ですが、月刊ペースでありながら毎号批評をまとめた小冊子を添付していた点、年鑑でありながら20行にも満たない雑駁な文章を添えただけの『MODERN POSTER ANNUAL』と比べ、大いに誉められてしかるべきかと思う次第です。
因みに。『プレスアルト』小店在庫はあと1号分を残すのみとなりました (まだ残っていたとは … )。
 
『都紋百華』明治24年に発行された全て木版刷の図案集上下巻2冊で揃い、各50図・計100図を所収。京都の文石堂というところから出たもので、著者は安達真速と云う人ですが、細部の詰めが少々甘く、和本の袋や古裂、名物など、何か下敷きがあるように感じさせる(実際にあったりもする)意匠=ありていな発想は、残念ながら雪佳・紅麟・青楓クラスには遠く及ばないのでした。
名前が残るのにはちゃんと理由がある。そう気づかせてくれた反面教師的図案集です (…… く、くるしい …) 。
 
今週はこの他、戦前の建築関係の和書・洋書計10数点が明日入荷。但し、この口、落丁やイタミの確認必須で、もしや面倒苦労を抱え込んでしまっただけなんではなかろーかと疑うことしかできない午前4時であります。 

 

18/09/01 1895-1902 欧化政策真っただ中の帝国ホテルの晩餐メニューと1930年代~日本化を強いた植民地への観光案内

■一週間が矢鱈に早い! またまた新着品ご紹介の日がきてしまいました。いや。それより何より。もう9月だというのにビックリ。しかも9月の声を聞こうというその日のこの暑さ。かててくわえて週明けにはまた「今年最強レベル」を更新しそうな台風までやってくるとか。平成最後の夏は、文字通り時代を画する夏として記憶することになりそうです。
さて、HP閲覧の際のフォーマットが崩れないための、ただただそのための文章増量はこれくらいにして。今週も新着品のご案内です。やれやれ。
 
1点目は1895(明治28)年から1902(明治35)年までに帝国ホテルで供されたディナー料理のメニュー61枚。ほとんどが日付の異なるメニューですが、一部、年月日が重複していながら内容の異なるメニューが含まれています。
当初コースメニューと思っていたのですが、よく見てみると肉料理が複数並んでいたり、カリー&ライス、マカロニグラタンなどが顔を出していることなどから、コースではなくアラカルトで提供するメニューであったことが分かります。
また、オムレット・オ・フロマージュのようなフランス語による料理名と、グラタン、ビーフステーキなど英語表記の料理とが並列されており、いまで云う「洋食」の原型を思わせる内容です。
とはいえ、外交の主要舞台としての役割を担うべく、欧化政策の象徴・鹿鳴館に隣接して建てられたホテルだっただけに、メニューを具に見ていくと、牛肉、鳩、トマト、ジャガイモ、チーズなど、明治以降、国内で生産が本格化した食材が頻繁にメニューに登場する他、例えばテッド・ド・ボー(仔牛の頭の煮込み)のような本格的なフランス料理も出てきて、食材の調達が一体どうなっていたのか、驚くようなものも散見されます。 

日本の洋食黎明期の記録は、日本人が自分たちの食卓へと何を受け入れ、何を受け付けなかったを明らかにする資料であるとともに、世界と肩を並べるべく日本がどんなところでどんなふうに“背伸び”していたかを読み取るためのユニークな資料と云えそうです。
1895年は1月に樋口一葉「たけくらべ」の連載が開始、12月に牧野省三がリュミエール兄弟製作の短篇映画「汽車の到達」を有料公開、日本初の映画興行が始まった年。前世紀の名残と新世紀の世界の尖端とが日本という国、東京という都市の中でどのように混じり合っていたのか、61枚のメニューの向こうに広がる風景に興味は尽きません。
 
■欧化政策の後、日清日露で勢いづき、調子にのってよそさまの土地をいいようにした時代の忘れ形見が今週の2点目。画像にある3点ですが、大きいもので長辺約15cmほどの小ぶりの冊子です。
『新京』は昭和17(1942)年、新京特別市の南里洋行が発行したフルカラーの写真集。おみやげ用に販売していたものと見られます。新京駅、満洲国国務院、経済部等政府機関や百貨店や電信電話会社などの建物から、吉野町銀座通、新発路寶山百貨店、公園など繁華街の賑わいや緑の風景まで29図所収。
『新京の栞』は康徳5(昭和13・1938)年、新京観光協会が発行した新京観光のための便利帳。読物「伸びゆく大新京」に始まり視察便覧、観光コース、おみやげ、旅館から、食道楽、撞球、カフエー、花柳街、夜の新京 まで住所入りで紹介。カフェーでは女給さんの顔写真まで載せていて、遊興関係情報が充実。表紙もモダンです。
アジア号のイラストが表紙を飾る『ビューロー案内』は奉天にあったジャパン・ツーリスト・ビューローが昭和14(1939)年に発行した非売品。ビューローの沿革、組織から業務全般について簡潔にまとめられています。
 
 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...