#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

トップページ > catalogue

catalogue

件ずつ

ロシア

11件中(1 ~ 11)を表示

2400 未来派 イタリア・ロシア・日本

井関正昭 形文社 2003年

初版 カバー 小口少傷 四六判588P 図版入・「編集後記」挟込有

3,800円

2399 テルミン エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男

竹内正実 岳陽舎 2000年

初版 カバー 帯 四六判183P+資料12P 図版入 異端カタリ派とテルミン、レーニンとの出会い、テレタッチ・コーポレーション、忘れられた天才、エレーナ・テルミン インタビュー 他

1,500円

2336 狂人と呼ばれた男 あるエストニア貴族の愛と反逆

ヤーン・クロス 沢崎冬日訳 沼野充義監修・解説 日本経済新聞社 1995年

初版 カバー 帯 四六判451P “エストニアの文豪 クロスの初邦訳作品”

1,200円

1988 映画叢書第2編 ソヴィエト・ロシヤの映画 附・シネマの誕生

レオン・ムウシナック(レオン・ムシナック) 飯島正訳 往来社 1930年

昭和5年 初版 裏表紙上端少水シミ 四六判軽装272P+巻頭口絵 ソヴィエト・ロシヤの映画(国家の管理・新聞雑誌・大衆、映画の興行、エイゼンシュテイン、所謂「アヴァン・ガルド」映画の問題 他)、シネマの誕生(リズムか死か 他)、映画技術の未来

3,000円

1892 露西亜映画史略

袋一平 往来社 1932年

初版 背角少傷 見返し小記名 四六判209P+別丁写真多 露西亜映画初期、露西亜心理映画期一と飛び、ソヴエト映画最初の十年史略、第十一年以降のソヴエト映画概観、ソヴエト音画史 他

3,800円

keyword / 映画

1811 仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938

Fernand GRENIER , Andre WURMSER LIBRAIRIE A.U.S. 1938年

フランスで発行された左翼系機関誌『今日のロシア』 36×27cm 14P 表紙上端少欠下端少汚れ 特集世界の主義思想とソ連邦。軍事関係多数。中面の写真は比較的少なく、加工(フォトモンタージュ)は大人しい印象。画像は表4(裏表紙)と表1(表紙)。

3,500円

1676 甦えるフレーブニコフ

亀山郁夫 晶文社 1989年

初版 カバー少擦れ少傷 本文中10P程度に薄い色鉛筆線引き 菊判二段組み386P+巻末資料16P 図版入 アヴァンギャルド詩人ヴェリミール・フレーブニコフの“世界初の本格的評伝” 「対馬」体験、プリミティヴィスムの嵐、二人の日本人への手紙、道化芝居とカーニバル、復讐の詩-革命四部作他

1,500円

1675 メイエルホリド 粛清と名誉回復

エレーナ・チャープキナ他 佐藤恭子訳 岩波書店 1990年

初版 カバー 帯 B5 二~三段組み中心95P図版多 メイエルホリドの処刑(最後の言葉、文書庫から、等)、メイエルホリドの名誉回復(どう具体化したか、等)、メイエルホリドの芸術(「自殺者」の稽古の記録、等)、メイエルホリドをいかに記憶するか

1,500円

1346 仏)MALEVITCH マレビッチ

JEAN-CLAUDE MARCADE 著 Casterman(パリ)刊 1990年

初版 32.5×24.5cm 布装上製 カバー付 279P ■状態:目だった瑕疵なく良好 ■印象派、象徴主義、アール・ヌーヴォー、プリミティビスム、未来派、キュビスムを経てシュプレマティスムに至る変化の足跡をマレーヴィチの作品図版とテキストとで追い、シュプレマティスム以後の活動を平面作品、プロジェクト、建築、デザインなど分野別にまとめ、また、その後の傾向等を概観する。参考図版はモノクロながら、主要作品のほとんどはカラー印刷で紹介(別刷・貼り込み図版含む)。マレーヴィッチの作品として想起される抽象絵画にとどまらず、それ以外の作品も多数収めている。画像は本書掲載の作品より、1912年の少女のための仕事着(上)と1933年制作の肖像画。

5,800円

1334 独)DAS ENTFESSELTE THEATER 解放された演劇

Alexander Tairoff(アレクサンドル・タイーロフ)著 エル・リシツキー装丁 Gustav Kiepenheuer 1923年

初版 B5 上製 天黒染め 112P+別丁図版 ■状態:背欠け有り 見返し記名 巻頭巻末各数頁埃シミ ■邦題「解放された演劇」。ロシア革命当時、メイエルホリドと対立しつつ並んで演劇界を担ったカーメルヌイ劇場の創設者タイーロフによる演劇論。ドイツで当書が出版された1923年はヨーロッパ巡業によりタイーロフが世界的評価を得た年にあたる。内容は代表作「フェードル」や「ロミオとジュリエット」など具体的な事例とともに1.俳優(愛好者と専門家、俳優の内的技術、外的技術)、2.演出家、3.台本、4.劇場音楽、舞台装置、5.衣装、6.観客という構成。図版にはヴェスニンや、タイーロフとの協働で前衛的な作品を生んだエクステルのコスチューム・デザイン、舞台装置を収める。表紙のデザインはエル・リシツキーが担当した。下の画像左はエクステルによる「ロミオとジュリエット」の衣装画、右はヴェスニンによる舞台装置模型の写真。

42,000円

1025 構成主義と幾何学的抽象

東京国立近代美術館(浅野徹、藤井久栄、松本透)編 東京新聞 1984年

28×21.5cm 背側下方一ヶ所歪み 189P テキスト=大正期新興芸術運動と構成主義ほか 戦後ヨーロッパ抽象芸術含む  

1,000円